税理士の仕事 home 税理士の仕事
税理士になるための条件
税理士になることのできる人物は、
  • 税理士試験に合格した者
  • 税理士試験を免除された者
  • 弁護士の資格を持っている者
  • 公認会計士の資格を持っている者
これらのどれかに当てはまる人です。
さらにその上、日本税理士会連合会の税理士名簿に
登録されていなければ業務を行うことはできません。

税理士試験
簿記論、財務諸表論、所得税法、法人税法、相続税法、
消費税法、酒税法、固定資産税、住民税、事業税国税徴収法・・・
これらの中から5科目に合格しなければならない。

大学などで3年以上、教授・助教授・講師として勤務していた場合、
官公署にて10年以上、国税に関する事務に携わっていた場合、
国税職員23年以上、地方公務員28年以上である場合・・・など、
一部科目を免除される場合がある。

合格ラインは満点の60%で、受験資格を有するのは、
  • 大学などで法律学or経済学を履修した者、
  • 司法試験・公認会計士試験の試験に合格した者、
  • 日商簿記検定1級・全経簿記検定上級に合格したもの、
  • 会計に関する事務に3年以上従事した経験がある者、
  • 税理士・弁護士・公認会計士などの補助事務に3年以上従事した経験のある者

税理士試験に合格すれば晴れて税理士となります。
税理士事務所や会計事務所で働くのが一般的です。

税理士の給与は平成22年のデータによると、
平均で月収60万、年収では840万にもなるようです。
平均年齢は約40歳、男女比率は3:1です。(参考:年収ラボ)

税理士の仕事でベテランになってくると、
独立して個人事務所を持つ方も少なくありません。

独立すると軌道に乗れば雇われているよりも稼げます。
管理人も独立していますが、独立したことにより
自分の行動が少し自由になったので
時間が空いた時には更にIPOで小遣い稼ぎをしています。
税理士業でも十分な所得があるのは事実ですが、
年収1000万円以上をコンスタントに狙っているので
リスクが少なめの投資も仕事と同時に行っています。

管理人が今狙っているIPOはコレです。
「サイベイト株が上場!サイベイトのIPOをゲットする方法!」
誰でも当たるチャンスが平等にあるのでおすすめしておきます。
since 2013.3.12 Copyright (C) 2013 税理士の仕事 All Rights Reserved.