税理士の仕事 home 税理士の仕事
節税対策をする
具体的な節税対策について考えてみます。

そもそも、税額は所得の額によって変動しますよね。
所得が多ければ多いほど税金は高くなりますし、
あまり所得が多くなければ税金は少しで済みます。
誰でも知っている、あたりまえのことですよね。

では、所得というものがどのように決定されるのかというと、
「全体の売上金額」から「かかった必要経費」を引いたものが、「所得」となります。

売上金額 - 必要経費 = 所得
このような式になりますね。

税額を減らすためには所得を減らす必要があります。
売上金額を減らしてしまっては本末転倒ですので、
「所得」として計算する額を減らすことを考えます。

「所得」の額を減らすには、「必要経費」の額を増やすしかありませんよね。

ですが、「必要経費」の額を増やすということはつまり、
経費をたくさん使うということになります。

経費をたくさん使うということは、結局手元に残るお金が少なくなるということです。
こうなるとまたまた本末転倒なことになってしまいます。

ただもし、、残金が少なくなり更にお金に困ったときは、
キャッシングという手がありますよね。

キャッシングが初めてで不安という方は是非
「キャッシング実質年率で低い順に比べたった」
というサイトでキャッシング業者を見つけてみるのもいいかも知れませんが、
キャッシングは緊急時以外あまりお勧めはできません・・・

ではどうすればいいのか!
それは、「必要経費」で使うお金の使い道をきちんと考えること。
意味のあることにお金を使うことです。

「意味のある使い道」として保険を利用する方法があります。

保険にかかったお金は、必要経費に含めることができます。

保険であれば、経営責任者に万が一何かあった場合にも有効に使うことができますし、
退職金の対策にも利用することが可能なので、
節税対策をするなら保険は活用するべきです。




since 2013.3.12 Copyright (C) 2013 税理士の仕事 All Rights Reserved.