税理士の仕事 home 税理士の仕事
相談できる税理士を見つける
もしあなたが病気にかかった時は、誰に相談しますか?
そう、医者ですよね。
いつも行く病院だったり、いつも診てもらう掛かりつけの先生がいると思います。
もしくはホームドクターのいる家庭もあるかもしれません。

税に関しても、病気をした時に医者に診てもらうのと同じです。

税金のことでわからないことがあったり、悩みごとが出てきたり、
書類の作成が難しくて自分の手に負えない時には、
税理士に相談するのが一番です。

相談できる税理士を見つけておく必要があるのは、何も個人だけの話ではありません。
法人の場合にも同じく、いつでも相談のできる
固定の税理士をつけておくことをオススメします。

会社の経営には何かと税金がかかってきます。
利益所得にかかる税金では、法人税、法人事業税、法人住民税など。
資産保有にかかる税金は、固定資産税、自動車税などがあり、
その他には印紙税、登録免許税、事業所税などがあります。

これらの税金を、会社としては少しでも抑えたいですよね。
そんな時の節税対策を提案してくれるのも、税理士の仕事の一つです。

しかし、全ての税理士が節税対策をしてくれるとは限りません。

ほとんどの税理士が、税務書類の作成や税務申告を、抜け無くしっかりとやってくれます。
それが仕事ですし、逆にそれができていなければその税理士をつけている意味がありません。

しかし「節税」となると話は少し違ってきます。

税理士の仕事はあくまで税務書類の作成代行や、申告の代行です。
通常は節税対策のアドバイスはしてくれないんですね。

節税対策もしてもらおうと思ったら、
まずは経営者自身が知識をつけなければなりません。
「節税について真剣に考えていますよ」という姿勢を見せれば、
税理士も真剣に相談に乗ってくれるはずです。

こういった本当の意味でも、相談できる税理士を見つけておくことが重要なんですね。

自営業の場合なんかは特に、親身になって考えてくれる税理士さんと
出会っておくと心強いです。
私は「自営業者でもクレジットカードを作れるの?」なんていう
税理士に直接関係のない相談にまで乗ってもらったこともあります。




since 2013.3.12 Copyright (C) 2013 税理士の仕事 All Rights Reserved.