税理士の仕事 home 税理士の仕事
税務の代理
税理士とは何をする人のことを言うのでしょうか。
大雑把には「税に関する知識を多く持っている人なんだな~」と予想できると思います。

その通り、税理士とは税に関する知識を豊富に持っている税のスペシャリストで、
私たち納税義務者が納税する際の手助けをしてくれる存在です。

納税に関する手続きなどはとても複雑でわかりにくいですよね。
下手をすれば必要以上に納税してしまい、もったいないことになる可能性もあります。
それを防ぐためにも、税理士が存在するのです。

具体的な仕事内容としては、まず税務の代理があります。

税務の代理とは、税に関する申告や申請、請求や不服申し立てを
税理士が代行しておこなう事を指します。

申告は法人税や所得税、住民税や事業税などの納税・課税の申告のことで、 「確定申告」や「青色申告」、「還付申告」という言葉を聞いたことがあると思います。

申請は、納税猶予の申請だったり、 所得税の予定納税額を減額してもらうための減額承認申請などがあります。

請求は税金を多く納めすぎた際に更生を求める請求だったり、 差し押さえの変更を求める、「差押換請求」があります。

不服申し立ては税に関する処理が違法・不当であるなど、 税務署の決定に対して異議がある場合に行います。




since 2013.3.12 Copyright (C) 2013 税理士の仕事 All Rights Reserved.